2023/08/17
サービス管理責任者更新研修
 標記研修に、本年度初参加しました。
 本年度の更新研修は約2000名の受講が予定されているようで、基礎、実践、後進の各研修の中で最も多くの受講者を抱えている研修です。
 そのため本年度もオンラインにて行っていますが、最近は対面の研修も増えており、特にグループワークにおいては対面での研修効果の高さも感じているところなので、状況次第でしょうが、来年度は対面で行えることを期待したいと思います。
2023/08/04
関東地区種別代表者会議・群馬県協会研修
 8月3日4日の2日間にて、長野県長野市において関東地区の種別代表者会議が開催されました。

 翌日は群馬県の協会の研修にお招きいただいていた関係で、初日のみの参加でしたが、同会議の対面開催は4年ぶりで、懐かしい面々とも久しぶりにお会いすることができました。

 翌日は群馬県前橋市において、群馬県協会の研修会に参加しました。
 障害者支援施設が現在置かれている状況や、これから何を目指していけばよいのか、ディスカッションを行いました。
 こちらの研修会は動画配信ということで、研修参加者の皆さんとは直接お会いすることはできませんでしたが、有意義な議論ができたのではないかと思います。

 長野県協会の皆さん、群馬県協会の皆さん大変お世話になりました。
2023/07/27
サービス管理責任者研修実践研修
 昨日本日と本年度2日程目のサビ管研修実践研修が開催されました。1日程目は所用で参加できませんでしたので、個人的には本年度は津の研修参加でした。

 もともと本年度の実践研修は年間1000人程度の受講者がいるのではないかとの話があり、スタッフ一同戦々恐々としていたところでしたが、今のとこと300人強ということで、思ったよりも少なく、少人数で穏やかに進められています。

 本年度は引き続きオンラインで行っていますが、これくらいの人数であれば来年度は是非対面で行いたいものです。
2023/07/24
政策委員会
 本日日本知的障害者福祉協会政策委員会に出席しました。
 報酬改定検討年度である本年度は既に各団体のヒアリングが始まっており、当協会も来月3日にヒアリングを控えております。
 既に資料は提出しておりますが、本日も添付資料等についてギリギリまで議論を行いました。
 公的価格である障害福祉サービスは自ら価格設定することができないため、物価高騰、賃上げの波などに対応するためには公的価格を見直してもらうしか術がありません。
 実情をしっかりと訴えながら、雇用の確保と、安定運営をもって、しっかりと利用者支援に力を注げる報酬設定となるよう、委員会として取り組んでいきたいと思います。
2023/07/18
人事院 国家公務員初任行政研修 受講者コメント
 本日出社しメールを確認すると、先日話をさせていただいた初任行政研修の担当者の方から、受講者のコメントが添付されたメールをいただきました。

 もったいないくらいのコメントを頂きました。
 十分な話ができたかどうか自信はありませんでしたが、半分お世辞としても、多少はお役に立てたかもしれないと感じ、安堵しているところです。

コメントの角度も面白いものが多く、また所掌を越えた当事者意識を感じている旨のコメントもあり、感性の豊かさ、視点の鋭さ、意識の高さを改めて感じました。
 
 今後の日本を作っていく若者たちに大きな期待をしています。
2023/07/14
全国施設長会議
 昨日本日と、日本知的障害者福祉協会の全国施設長会議が開催されました。
 今まさに報酬改定の議論が始まり、特に今回はエネルギー関連をはじめとする急激な物価高、大手企業の賃上げの流れがある中、自分自身でサービスの価格を決定することができない、公的価格である障害福祉サービスの報酬改定は大変重要な改定となります。
 初日はこのあたりの内容を中心としながらも、理念を踏まえた、大変勉強になる内容でした。

 2日目は第2分科会の1講義を担当させていただき、これまで協会、政策委員会で議論されてきたプロセスや、今般の報酬改定に向けたヒアリング資料の説明を1時間ほど話をさせていただきました。
 とかく報酬改定、つまりは金目の議論は、ついつい要求ばかりになってしまう可能性があることを念頭に置き、政策委員会としては、ベースにしっかりとした「理念」がある議論をしていかなければ、道を間違うと常に考えているつもりです。

 経営とは目的ではなく手段であるという認識をもち、委員会活動、法人経営に尽力していきたいと思います。
2023/07/09
社会福祉士養成所スクーリング(大阪会場)
 初任行政研修の会場である上中里を出て、そのまま東京駅へ向かい、社会福祉士養成所のスクーリング会場である大阪へ向かいました。
 7日から9日までの3日間に渡り行われる本スクーリングですが、昨年からは対面での授業が復活し、今年は2日程の依頼を受けている内の1回目となります。

 昨年も大阪会場を担当させていただきましたが、やはり文化というか風土というか、東京会場とは違った空気間で、とても楽しく実施することができました。

 本スクーリングは、職場から命令を受けて受ける研修とは違い、自らの意思で高い受講料を支払い受講することもあってか、皆さん課題意識が強く、そして参加意欲も高く、様々機会を頂く研修の中でも、とても楽しみにしている研修です。

 来月は福岡会場を担当させていただく予定です。
 実質初めての福岡上陸で、研修とはまた別の意味で楽しみにしています。
2023/07/06
人事院 国家公務員初任行政研修
 本日人事院が主催する初任行政研修にお招きいただき、「人権」というテーマにおいて、知的障害のある人たちの暮らしについて話をさせていただきました。
 本研修は本年度採用された国家公務員の採用時における研修の一環で、コロナ禍前の2018年に初めてご依頼を受け、2019年以来4年ぶりにこのような機会を頂戴しました。
 いわゆる国家1種の私見をパスし、各省庁に採用された若者たちですので、これから我が国の仕組みを作っていく、将来の担う若者たちに話をさせていただくのは毎回大変恐縮なのですが、真剣に聞いていただきました。
 また質疑応答でもご質問を頂きましたが、熱感のある、そして質問の切り口の角度や鋭さに感動いたしました。
 十分お役に立てたかは甚だ疑問ですが、将来の担う若者たちを交わる機会を頂戴したことに感謝いたします。
2023/07/04
4法人合同研修会
 本日4年ぶりに4法人合同研修会を開催しました。

 中堅職員を対象に、埼玉県内4つの法人が合同で研修会を行っていましたが、コロナ禍により4年ぶりの開催となりました。

 各法人から6名、計24名が4グループに分かれて「私は誰でしょう」という演習を行いました。
 2グループ対戦形式の演習ですが、まずはグループで私を決定(会場の全員が知っている人)、対戦相手はクローズドクエスチョン(はい・いいえのみで答える質問)のみで、より早く対戦相手である「私」を当てるといった内容です。

 クローズドクエスチョンの答えである「はい・いいえ」という回答だけでなく、答えている人の様子、しぐさ、間なども敏感に察知することで、より早く「私」にたどり着きやすくなりますが、そのあたりの気づきについては多くの参加者が感じてくr桁用ですし、是非これをそれぞれの現場に持ち帰り、実践に生かしてもらいたいものです。

 その後に行われた情報交換会においても、たくさんの情報交換ができたようで、大変有意義な研修となりました。

 最後に本年度担当であった川越にじの会の皆さん、設営準備、当日の運営本当にありがとうございました。
2023/06/20
上尾桶川伊奈障害福祉関係事業所連絡会総会
 本日上尾桶川伊奈障害福祉関係事業所連絡会の総会に出席しました。
 本会設立時の会長を務めさせていただきましたが、このところあまり出席できていませんでした。
 久々の面々にもお会いし、コロナの関係でなかなか研修等も難しい中ではありましたが、現在の役員の皆さんが中心となって、様々取り組まれていることがよく分かりました。

 定例会等にも可能な限り出席しながら、最も身近な地域の事業所の皆さんとより連携を図っていきたいと思います。
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- Topics Board -